ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧
はじめてのネット証券 手数料で選ぶ 投資商品で選ぶ 国内株現物取引 新規公開株(IPO) ミニ株(株式ミニ投資) 信用取引 日経225ミニ 外国株取引 外国為替(FX) eワラント 上場投資信託(ETF) 不動産投資信託(REIT) 商品先物取引 ネット証券会社一覧



投資商品で選ぶ

 
最もポピュラーな株式投資で、一般的に「株を買う」と言えばこれを指します。様々な投資商品がありますが、これから株をはじめようという人はまずここから始めましょう。
 
急速に人気が出てきた外国株。経済成長が著しい中国株や比較的なじみのあるアメリカ米国株。その他、韓国株などを取り扱う証券会社も出てきています。
 
委託保証金を証券会社に預け、その額の3倍強の取引を実現します。利益も損失も3倍強になります(レバレッジ効果=てこの原理)ので、ハイリスク・ハイリターンの商品と言えます。
 
新たに上場される株のことです。注目度が高い、比較的割安な価格からスタートすることが多いなどの理由から大変人気があります。銘柄にもよりますが、購入は抽選になるケースが多いようです。
 
上場しているため市場で取り引きでき、株価指数に連動した投資信託です。委託会社に運用を任せる投資商品です。利益も損失も投資家に還元されます。当然元本は保証されませんが、メリットとして株価指数に連動するため比較的値動きがわかりやすい、運用をプロに任せられる、などが挙げられます。
 
投資した資金はビルなどの不動産で専門の業者が運用し、得られた家賃収入や売却益を投資家に分配する仕組みです。歴史は浅く、もちろん元本の保証はありませんが、実績は比較的安定したものが得られているようです。
 
為替取引を証拠金で行います。大きなレバレッジ効果(てこの原理)があり、損も特も非常に大きくなる可能性があります。当然ハイリスク・ハイリターンの投資商品です。毎日のように耳にする為替が対象商品ということもあり、最近人気が出ています。
 
ハイリスク・ハイリターンの商品は沢山ありますが、中でも最もその色が濃い商品です。投資金額の数十倍もの金額を扱えるため、当たると大きなプラス、思惑が外れると大きなマイナスになります。以上のことから投機的商品とも言えます。








会社情報ご利用にあたってお問い合せ