ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧
はじめてのネット証券 手数料で選ぶ 投資商品で選ぶ 国内株現物取引 新規公開株(IPO) ミニ株(株式ミニ投資) 信用取引 日経225ミニ 外国株取引 外国為替(FX) eワラント 上場投資信託(ETF) 不動産投資信託(REIT) 商品先物取引 ネット証券会社一覧



投資商品で選ぶ

商品先物取引

商品の代金をその場で支払う取引を現物取引といいます。これは皆さんがお店で商品を買って、その場でその代金を支払う通常の買い物と同じです。

それに対し商品先物取引とは、将来のある決まった時期に商品を買う(売る)ことを約束をする取引です。価格は現時点で決めます。

商品先物取引では、『買い』からも『売り』からも取引することができます。また、レバレッジ効果(投資金額に対して非常に多くの金額を取り扱うことができる)が非常に大きいため、ハイリスク・ハイリターンの代表的商品と言えます。

市場は東京工業品取引所などいくつかあります。商品は市場に上場されていますので、最終的に取引を約束した期日まで自由に市場で売買できます。
それでは、東京工業品取引所に上場されている『金』という銘柄で商品先物取引の取引事例を見てみましょう。

金は1,000g単位で取引します。
5月10日現在、11月付けの金1g=1,500円だったとします。
先物取引ではこのように、現在から見て、将来の決まった月の商品の価格を取り引きします。

単純な金の商品価格は1,500円×1,000=1,500,000円です。
現物で金を購入するのには当然1,500,000円が必要となりますが、取引証拠金(現物価格の約 数%)という"担保"を入れることによって、投資金額より高額の取引を行うことが出来ます。

金の場合は最低取引単位である1,000g=1,500,000円の取引をするのに60,000円の取引証拠金が必要となります。

商品価格に対する証拠金の割合は、
60,000円÷1,500,000円=4%
です。たったというと不適切かもしれませんが、商品価格の4%である6万円で150万円の商品の取引ができるわけです。
これがレバレッジ効果です。

では、具体的に図でみてみましょう。
会社情報ご利用にあたってお問い合せ