ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧
はじめてのネット証券 手数料で選ぶ 投資商品で選ぶ 国内株現物取引 新規公開株(IPO) ミニ株(株式ミニ投資) 信用取引 日経225ミニ 外国株取引 外国為替(FX) eワラント 上場投資信託(ETF) 不動産投資信託(REIT) 商品先物取引 ネット証券会社一覧

投資商品で選ぶ

ミニ株

株の売買は通常1000株単位で行います。※
これを単位株と言います。1000株単位ですので、1株500円の株式で最低の1000株購入したとしても500円×1000株=『500,000円』の資金が必要となります。

これに対し、ミニ株は1/10の単位(1000株なら100株)単位で取引できる株取引を指します。
同様に1株500円の株式で100株購入すれば500円×100株=『50,000円』となります。

---------
※ 最近は1株の値段が高額な株も多くなり、1000株以下(500株、100株、10株、1株などがあります)で取引を行うケースもしばしばあります。しかし、株の単価が高額ですので、投資に必要な資金は1000株単位と基本的に変わりません。
---------

このミニ株には非常に多くのメリットがあります。

1. 少額から投資を行うことができる。
上の例でも示したとおり、買いたい株が1株500円で1000株単位なら、最低50万円の資金が必要です。しかし、ミニ株なら1/10、すなわち5万円で取引ができますので手持ちの資金が少ない方や、これから株をはじめる方におすすめです。

2. リスクの分散ができる。
一つの銘柄(会社)に対する投資金額が少額で済みますので、複数の銘柄に投資をすることが可能となります。1銘柄にまとまった資金を投資することは、その銘柄が上がれば大儲けできますが、下がれば大損というような大きな危険性があります。
10銘柄持っていて、それが全て下がってしまう確率は1銘柄の時とは比較になりません。トータル的な読みが当たれば勝利することが出来るわけです。このように複数の銘柄に少しずつ分散して投資することで上記のリスクを回避することができます。

もちろんデメリット(リスク)もあります。

株や投資全般にあるリスクは当然ですが、ミニ株特有のデメリットは、指値注文が出来ないことです。「いくらなら買う」、「いくらなら売る」ということができません。

それを除けば、少額から株へ投資ができ、少数の銘柄に依存するリスクも分散できやすいことから、はじめての方や手持ち資金の少ない方にはおすすめの投資商品です。

では、具体的にミニ株の特徴をみてみましょう。








会社情報ご利用にあたってお問い合せ