ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧
はじめてのネット証券 手数料で選ぶ 投資商品で選ぶ 国内株現物取引 新規公開株(IPO) ミニ株(株式ミニ投資) 信用取引 日経225ミニ 外国株取引 外国為替(FX) eワラント 上場投資信託(ETF) 不動産投資信託(REIT) 商品先物取引 ネット証券会社一覧



投資商品で選ぶ

株式 信用取引

信用取引は、現物取引と全く違う取引方法です。
一般の現物株取引では、30万円購入資金を用意したら30万円までの株しか購入できませんが(手数料などは除く)、信用取引では30万円の預け入れ資金(=委託保証金)に対し、約3倍の株を購入することが可能になります。
とは言っても、実際にお金がない状態で株を買うことはできません。そこで、取引をする証券会社から形式上、購入資金の残りを借り入れ、株を購入することになります。

メリットは以下の通りです。

1. レバレッジ効果が得られる
レバレッジ効果とは「てこの原理」を意味します。てこの原理を活かし、少ない資金で多くの株式(約3倍)を購入することができ、多くの利益を狙えるわけです。

2. 空売り(からうり)ができる
空売りとは、株式を持っていない状態から株式を売ることです。少しややこしいですね。現物取引では株価が上がれば儲かりますが、例えば、市場全体の株価が下がっているとします。そうした時は全く勝ち目がなくなってしまいます。
ですが、信用取引で買ってもいない株を売ることができたら(=売りから入る)、株価が下がっている時が逆に収益チャンスとなるわけです。
実際には、売るための株を証券会社から借りることになりますが、難しく考えるのではなく以下のように覚えましょう。

信用取引では、
買っている株が上がれば儲かり、下がれば損する。
売っている株が下がれば儲かり、上がれば損する。

上下が逆転しただけで、理屈は一緒です。
信用取引は株価が上がっている時も下がっている時も収益チャンスがあるという魅力的な仕組みと言えます。

では、具体的に見ていきましょう。








会社情報ご利用にあたってお問い合せ