ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧



 ネット証券各社はそれぞれ特徴が大きく違います。その特徴と、ご自身の投資スタイルを照らし合わせて、ネット証券を使い分けるのは大変効果的です。
 ここでは、「ネット証券の選び方」が厳選した特におすすめの組み合わせをご紹介します。
是非みなさんの今後の活躍にお役立てください。
SBI証券資料請求マネックス証券 資料請求ライブスター証券 資料請求
 ネット証券おすすめ組み合わせNo.1は、
SBI証券マネックス証券ライブスター証券 』 です!

 ずばり、手数料がとことん安い3社です。当サイトでは一貫して安い手数料の証券会社を使うべきだと説いています。ここだけは絶対に妥協するわけにはいきません。株はある意味心理戦です。ここさえ押さえておけば、心理的に優位に立てるのです。

 中でもまず外せないのが、SBI証券です。SBI証券の手数料の安さは言うまでもなく、他社の追随を許しません。元々安い手数料を更に大幅値下げし話題になりました。

 マネックス証券は、株はもちろんのこと、投資信託など身近な投資商品が多く、また有益な情報(東洋経済社の会社四季報、世界的金融機関JPモルガンの銘柄分析レポートなど)が無料で利用できます。多彩な商品に投資できることでリスクも抑えやすくなります。瞬時のチャンスを逃さない携帯取引の手数料が安いのも魅力に一つです。是非押さえておきましょう。

最後にライブスター証券。およそ2ヶ月間、現物取引、信用取引、日経225の取引手数料無料キャンペーン実施中!2015年オリコン顧客満足度ランキング(ネット証券部門) 手数料の満足度で2年連続【第1位】を獲得しています。

 この3社に口座を開設して、ネット証券の楽しさ、醍醐味を存分に味わってください。

 この組み合わせはとことん得をしたい方に最適です。ダイナミックに株式取引をしていくならば手数料が気になるところ。業界最安水準が魅力の3社です。

楽天証券は業界屈指の格安手数料が大変魅力的です。またベテラン・トレーダーの評価が高い取引ツール、マーケットスピードを利用できるのも楽天証券だけ。取り扱い商品も豊富で、楽天グループならではのポイントプログラムなどはじめての方からそうでない方まで納得のサービスです。

GMOクリック証券は信用取引手数料を大幅に値下げ。約定代金500万円以下は100円(税込)。500万円超では手数料無料を実現しました。もちろん業界最安水準。手数料満足度の高さは群を抜いています。また、話題のFXとCFDに積極対応しており幅広い投資を行うことができます。

さらに、岡三オンライン証券は、取引ツールの豊富さが際立っている。いずれも高機能で無料提供。より詳しく投資について調べてみたいときには大きな力となってくれるだろう。また、信用取引をはじめ各種の取引手数料も業界最低水準だからお得度も高い。
 この組み合わせは、取引環境(トレードシステム)にこだわりたい方におすすめです。

 SBI証券はネット証券最大手であることがうなずける、すばらしいシステムです。動作の安定感、直感的なユーザーインターフェースは派手さはないもののトレードに集中できる強力な武器となります。

 次に松井証券です。松井証券自慢の「ネットストック・ハイスピード」なら、初心者でも無料でプロと同等の取引環境が実現します。

 最後にマネックス証券。1人ひとりにあわせた資産設計をアドバイス。MONEXVISIONβが特徴的。最新の金融工学理論を駆使して将来のリターンを分析できます。
 この組み合わせは株はもちろん、様々な投資商品をやってみたい方におすすめです。楽天証券では、本格的な取引ツール・マーケットスピードと豊富な商品が特徴です。株式はもちろん投信や債券、外貨建てMMF、海外ETFなど国内外への投資チャンスが広がります。次に、プチ株、夜間取引、FX、先物オプション取引などの多彩な取引を可能にしたカブドットコム証券を加えれば、少額、高額、ローリスク、ハイリスク問わず様々な投資を行うことができます。そして最後に、GMOクリック証券は話題のFXとCFDに積極対応。商品先物とあわせて業界最安値水準の手数料で取引することができます。

まとめ
 ひとつの証券会社のみで取り引きをしていますと、取り扱う商品やツール、情報、手数料体系などを、その証券会社に全て委ねることとなりますが、全てが一番という証券会社は残念ながらありません。
 各証券会社のいいところや、ご自身にあった部分をうまく活用して、勝率をアップさせることが目的です。

 手数料の安さや、サービスの充実度合い、リスクヘッジなどの観点から、 SBI証券マネックス証券ライブスター証券 は外せないといった感じですが、その他は、是非上記組み合わせを試してみてください。

 使い分けるのが面倒な方や、難しいと思われる方は、ひとまず、いくつかの証券会社に口座開設して、実際に使ってみた上で、ご自身に最も合った証券会社を選択すると良いでしょう。
会社情報ご利用にあたってお問い合せ