ネット証券の選び方
 
ネット証券の選び方はじめてのネット証券手数料を比較投資商品で選ぶネット証券会社一覧
はじめてのネット証券 手数料で選ぶ 投資商品で選ぶ 国内株現物取引 新規公開株(IPO) ミニ株(株式ミニ投資) 信用取引 日経225ミニ 外国株取引 外国為替(FX) eワラント 上場投資信託(ETF) 不動産投資信託(REIT) 商品先物取引 ネット証券会社一覧


ネット証券会社一覧

ライブスター証券は、ネット証券利用者へのアンケート結果を基にユーザーがネット証券に求めるものを積極的に取り入れています。特に格安手数料設定と高機能分析ツールは注目を集めています。
マネックス証券は携帯からのお取引で手数料が最低105円。株価自動更新のマーケットボードが無料で利用可能など充実したサービスを展開。マネックス証券では、国内上場株はもちろん、外国為替証拠金取引、ワラント、商品先物などハイリスク・ハイリターンの投資商品も取り扱っている。
圧倒的な手数料の安さで業界をリードするSBI証券。安い手数料と初心者でも安心のシステムが好評。手数料大戦争時代でも、SBI証券はやはり中心的な存在と言える。
楽天証券は、8月17日、国内株式手数料さらに値下げ。最強トレーディングツール『マーケットスピード』も機能拡張し、更に進化。初心者から上級者まで納得のスペックです。
老舗証券会社岡三証券グループのネット証券会社。リーズナブルな手数料を実現しつつも、高機能な取引ツールを無償で提供。信用取引手数料の安さも大きな特徴。
GMOクリック証券は、うれしい格安手数料と充実した取引環境が自慢のネット専業証券です。スマホ取引ツールは大人気。その使いやすさは常に注目し続ける価値ありです。
松井証券はネット証券の代名詞的存在で、オンライントレードをする上ではひとまず押さえておきたい。1日の株式約定代金合計10万円までの手数料は無料。また、株以外の投資商品も多く、リスクの分散や総合的な投資をしたい人におすすめ。
kabuステーションに代表される、これでもかと言わんばかりに充実した投資ツール。電話・携帯・メールへの株価自動通知(カブコール)やプチ株(超少額取引)人気。手数料にやや割高感があったが、大幅な値下げを実施し、一気に主役の座に躍り出ようとしている。









会社情報ご利用にあたってお問い合せ